【イベント】全国ご当地エネルギー協会設立1周記念シンポジウム

全国ご当地エネルギー協会設立1周記念シンポジウム
ご当地エネルギーが拓く地域の未来 〜エネルギーと食とお金を地域で回そう!〜』

地域が所有し、地域が運営し、地域に利益が分配される「ご当地エネルギー」。そんなエネルギーが地域にもたらす可能性には計り知れないものがあります。そしてそれは「食」も同じ。豊かな自然の恵みを地域が潤う経済活動につなげることで、地域の未来が拓かれます。日本各地で「ご当地エネルギー」の実践に取り組むネットワーク、全国ご当地エネルギー協会が設立1周年を迎えたのを記念して、恵みの大地・北海道で、地域のそんな未来像を描いてみたいと思います。

[日時] 2015年7月4日(土)15:00〜17:00 (開場 14:30)
[会場] 北農健保会館 大会議室(札幌市中央区北4条西7-1-4)
JR札幌駅から徒歩5分
アクセス:http://www.hokunoukenpo.or.jp/kaikan/access.html
[定員] 130名
[参加費] 無料
[チラシ] PDFはこちら

主催:一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会
共催:NPO法人 北海道グリーンファンド
認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
*このイベントは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。

[プログラム] ◎主催者挨拶
佐藤 彌右衛門(一般社団法人 全国ご当地エネルギー協会 代表理事)
鈴木 亨(NPO法人 北海道グリーンファンド 理事長)

◎記念講演  「エネルギーと食とお金を地域で回す」
金子 勝(慶応義塾大学経済学部教授)
( 金子勝プロフィール) —————————————————————
経済学者。専門は財政学、地方財政論、制度経済学。3・11後には内閣府原子
力委員会の原子力政策大綱策定委員を務め、電力会社の経営問題やエネルギ
ー兼業農家の提唱などエネルギーや地域の問題に積極的に言論活動を行ってい
る。武本俊彦氏との著書に『儲かる農業論 エネルギー兼業農家』(集英社新書)
など多数。
——————————————————————————————–

◎パネルディスカッション 「女性が創るエネルギーと食とお金と地域の可能性」
~地域に根ざした農・環境・エネルギーの実践者が、
女性の視点から元気に地域・未来の可能性を語り合います。
パネリスト
井上 保子(非営利型株式会社 宝塚すみれ発電 代表取締役)
豊岡 和美(一般社団法人 徳島地域エネルギー 理事・事務局長)
服部 乃利子(しずおか未来エネルギー株式会社 代表取締役社長)
坂本 純科(NPO法人 北海道エコビレッジ推進プロジェクト 代表)

◎閉会挨拶
飯田 哲也(認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長)

[申込み期限] 2015 年7 月3 日(金)
[申込み方法] 北海道グリーンファンドまで電話、FAX、電子メールにて、
以下必要事項を添えてお申込ください。
◎必要事項:お名前(ふりがな)、ご所属、電話番号、メールアドレス

<お申込み・お問合せ先>
NPO法人 北海道グリーンファンド
TEL/011-280-1870  FAX/011-280-1871  Mail/office@h-greenfund.jp

全国ご当地エネルギー協会HP http://communitypower.jp/news/1580

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)